Boulangerie Le Manu

富士本町のパン屋さん。
細い路地にあり、到着まで少し迷いました。

Boulangerie Le Manu

こじんまりしたお店です。
アットホームな雰囲気で、かわいらしい感じ。
フランス人のご主人がパンを作っているようです。

Boulangerie Le Manu

平日3時過ぎだったということもあり、ほとんど売れてしまったようで、パンの種類は少なめ。
ハード系のパンが多いようです。

くるみとイチジクのパン、レーズンとくるみのパン、バケットのようなハードなパン、ラスクの4点をお買い上げ。

バケットのようなハードなパンは、皮はかなり固くパリパリ、生地は塩気があって味わいがありました。

くるみとイチジクのパンも、皮は固め、イチジクは自然な甘さがありました。

ラスクはおやつにぴったり。フランスパンをカットして作られたラスクのようです。
ほんのり甘くて、サクサクおいしかったです。

「レーズンとくるみのパン」

Boulangerie Le Manu レーズンとくるみのパン

一晩置いてから食べましたが、昨日いただいたほかのパン同様、皮は固くしっかりしていました。
くるみもレーズンも割りとたっぷり入っていて、生地の風味と合い、おいしかったです。

割と手ごろな価格だったのも好印象でした。
ごちそうさまでした。


関連ランキング:パン | 富士駅

| ane5 | パン | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://ane5.mikannomi.com/trackback/105